26年 第1回 「設備」



26_1_setubi_1_(1).png

問1
(1)
ア:⑧ 光スプリッタ
イ:⑪ TDM
ウ:⑮ TDMA
エ:⑨ 1.25


【補足】
・PONの方式
方式名B-PONG-PONGE-PON
標準化G.983シリーズG.984シリーズIEEE 802.3ah
伝送速度上り155Mbit/s、622Mbit/s155Mbit/s、622Mbit/s、
1.24Gbit/s、2.48Gbit/s
1.25Gbit/s
下り155Mbit/s、622Mbit/s、
1.24Gbit/s
1.24Gbit/s、2.48Gbit/s1.25Gbit/s
分岐数最大32最大64最小16
伝送フレームATMフレームGEMフレーム、GTCフレームEthernetフレーム




26_1_setubi_1_(2)i.png

(2)
(ⅰ)
答え:⑤ (A)両極NRZ符号 (B)CMI符号 (C)AMI符号

【解説】
説明
RZ
(Return to Zero)
RZ.png1をE、[V]、0を0[V]で表す。
ビットとビットの間に必ず、0[V]の電位が入るため、タイミング同期が取りやすい特徴がある。
NRZ
(Non Return to Zero)
NRZ.png1をE[V]、0を0[V]で表す。RZと違い、ビットとビットの間に0[V]は入らない。そのため、パルス幅が広くなり高周波成分が少なくなる
両極NRZNRZI.pngNRZを±E[V]として両極の電圧まで広げたもの。1をE[V]、0を-E[V]で表す。
AMI
(Alternate Mark Inversion code)
AMI.png0は、0[V]に固定し、1は、+E[V]と-E[V]を交互に繰り返す。
CMI
(Code Mark Inversion code)
CMI.png1ビットの信号を2ビットに拡張して送信する。0は、"01"、 1は、"11"、"00"を交互に繰り返す。





26_1_setubi_1_(2)ii.png

(ⅱ)
答え:②
【解説】
② メタリック平衡対ケーブルでは、一般に、低周波成分(正:高周波成分)ほどケーブルでの減衰量が大きいため、符号列の電力スペクトルに直流を含む低周波成分(正:高周波成分)の少ない符号化方式が用いられる。



26_1_setubi_1_(3)i.png

(3)
(ⅰ)
答え:⑤
【解説】
①PCM符号化方式は、ビットレートが64kbit/ sであり、符号化則としては、日本などで採用されているA-law(正:μ-law)及び欧州などで採用されているμ-law(正:A-law)がある。

②PCM符号化方式は、従来のアナログ加入者線インタフェースを有する固定電話機やISDN標準端末には採用されていない(正:いる)が、IP電話機には利用されている。

③ADPCMといわれる適応差分パルス符号変調方式は、ビットレートが128kbit/ s(正:32[kbit/ s])のハイブリッド符号化方式であり、デジタルコードレス電話機、PHS端末などに採用されている。

④CS-ACELPを用いた音声符号化方式は、ビットレートが32kbit/s(正:8[kbit/ s])であり、IP電話機、インターネット電話などに採用されている。


【補足】
・音声の変調方式
符号化方式レート(kbit/s)説明
PCM符号化(pulse code modulation:パルス符号変調)64アナログの音声データなどを、標本化(サンプリング)および量子化してデジタルデータに変調する
ADPCM(adaptive differential pulse code modulation:適応差分PCM)32過去のサンプル値を利用して、現在のサンプル値を予測し、その差分情報を伝送する
CS-ACELP8音声波形ではなく、コードブックに登録された波形パターンの番号を伝送する





26_1_setubi_1_(3)ii.png

(ⅱ)
答え:②
【解説】
② SIPサーバは、機能別に、リダイレクト、プロキシ、レジストラなどで構成される。クライアントからのリクエストに応じてサービスを提供するサーバへSIPメッセージを中継する機能は、一般に、リダイレクトサーバ(正:プロキシサーバ)といわれる。

【補足】
・SIPサーバの構成
説明
レジストラUACの情報を登録する
ロケーションサーバSIPネットワークの位置情報を登録する。登録情報として、電話番号、IPアドレス、ゲートウェイやプロキシサーバなどの情報
プロキシサーバUACからのリクエストを他のSIPサーバに転送する
リダイレクトサーバUACやプロキシが発行したリクエストを代行し、応答を発行元のUACやプロキシに返答する
UAC:User Agent Client :電話を発信する側
UAS:User Agent Server :電話を着信する側





※問2~5の全問題の解答及び解説は、100円でコンテンツ購入して頂くことでご覧になれます。
※単体コンテンツのため、一度のブロマガ購入で無期限で閲覧できるようになります。(月額支払は発生しません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  

設備・データ通信 過去問検索データベース

・「設備」および、「データ通信」の過去問を問題文検索できます。
・複数キーワードによる検索をするときは、キーワードとスペースで区切ってください。
・全角/半角、大文字/小文字は区別しません。

キーワード検索:

<AND/OR検索>

<検索範囲指定>

<設備>
<データ通信>
 
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   


過去問検索データベース

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

学習支援

-過去問PDFダウンロード
-法規の攻略法
-解説間違い指摘用-掲示板

平成29年 過去問解説

第1回

平成29年第1回-電気通信システム
平成29年第1回-設備
平成29年第1回-データ通信
平成29年第1回-法規

平成28年 過去問解説

第2回

平成28年第2回-電気通信システム
平成28年第2回-設備
平成28年第2回-データ通信
平成28年第2回-法規

第1回

平成28年第1回-電気通信システム
平成28年第1回-設備
平成28年第1回-データ通信
平成28年第1回-法規

平成27年 過去問解説

第2回

平成27年第2回-電気通信システム
平成27年第2回-設備
平成27年第2回-データ通信
平成27年第2回-法規

第1回

平成27年第1回-電気通信システム
平成27年第1回-設備
平成27年第1回-データ通信
平成27年第1回-法規

平成26年 過去問解説

第2回

平成26年第2回-電気通信システム
平成26年第2回-設備
平成26年第2回-データ通信
平成26年第2回-法規

第1回

平成26年第1回-電気通信システム
平成26年第1回-設備
平成26年第1回-データ通信
平成26年第1回-法規

平成25年 過去問解説

第2回

平成25年第2回-電気通信システム
平成25年第2回-設備
平成25年第2回-データ通信
平成25年第2回-法規

第1回

平成25年第1回-電気通信システム
平成25年第1回-設備
平成25年第1回-データ通信
平成25年第1回-法規

平成24年 過去問解説

第2回

平成24年第2回-電気通信システム
平成24年第2回-設備
平成24年第2回-データ通信
平成24年第2回-法規

第1回

平成24年第1回-電気通信システム
平成24年第1回-設備
平成24年第1回-データ通信
平成24年第1回-法規

その他

-過去問-出題問題一覧

説明および注意

※無断転載を禁止します。

※【解説】について
・正誤を問う問題
誤った文章と、その誤り箇所、そして、正しい文言および文章を記載します。
 赤:誤っている箇所
 青:正しい文言
 緑:注釈

※「★」部分は、編集中箇所です。
※本サイトは、管理人がインターネットを使用して作成した解答です。内容の作成には、間違えがないよう細心の注意を心がけておりますが、内容の正確性は保証し兼ねます。ご了承ください。

管理人情報

下記、現在取得した資格です。
これらの資格勉強で得た知識を参考に解説を作成しております。

(CISCO認定資格)
・CCNA
・CCNP
(Linux認定資格)
・LPIC Lv1
・LPIC Lv2
(MPCP検定資格)
・モバイルシステム技術検定2級
・モバイルシステム技術検定1級
(IT系国家資格)
・基本情報処理技術者
・工事担任者(AI・DD総合種)
・電気通信主任技術者(伝送)
・第一級陸上無線技術士