27年 第1回 「設備」




 27_1_setubi_1_(1).png




問1
(1)
ア:⑨ EGP
イ:⑥ コスト値
ウ:⑭ LSDB
エ:③ パスベクトル

【補足】
・ルーティングプロトコルの種類
ディスタンスベクタ型リンクステート型パスベクトル型
IGPRIP、IGRPOFPF、IS-IS
EGPBGP




27_1_setubi_1_(2)i.png


(2)
(ⅰ)
答え:③
【解説】
①②④正しい


③ 光ファイバを屈折率分布形状で分類すると、コアとクラッドの間で屈折率が階段状に変化するGI型光ファイバと、コアの屈折率分布が緩やかに変化する(正:コアの屈折率が一様な)SI型光ファイバがある。

【補足】
フォトニックバンドギャップ光ファイバ:フォトニックバンドギャップ素材(光の絶縁体)で取り囲んだ構造をした光ファイバ。全反射型光ファイバ(コア部とクラッド部の屈折率を利用したファイバ)では、ファイバの急激な曲げにより光が漏れてしまう欠点があったが、フォトニックバンドギャップ光ファイバでは、その欠点を克服できる。

ドーパント:光ファイバの導波構造を形成するために石英中に添加する不純物元素。石英ガラスの屈折率を増加させるためにはGeが,減少させるにはFが主に用いられる。

GI型とSI型の違い
GI型は、SI型と違い、コア部の屈折率が一様になっておらず、屈折率は、中心が大きく、外に向うにつれて小さくなっている。一般的に、光信号の入射角によって光信号の進む速度が変わるが、GI型のファイバでは、その速度の変化を屈折率の違いで吸収し、複数の光信号が同速度で進むようになっている。そのため、SI型では発生する光信号の歪みが解消できる

gi_si_fiber.jpg 
空孔アシスト型ファイバの構造
空孔アシスト方光ファイバは、コア部の周りにに空気が入る空洞を空けたファイバ。空気は、通常のクラッド部よりも大きな屈折率を持っている。コア部と空気の層の屈折率差を設けることで通常では光が漏れてしまうほどのファイバの曲げにも対応できる。
kuko_fiber.jpg



27_1_setubi_1_(2)ii.png

(ⅱ)
答え:③
【解説】
① シングルモード光ファイバは、マルチモード光ファイバと比較して、コア径が大きい(正:小さい)、コアとクラッドの比屈折率差が大きい(正:小さい)、伝送損失が小さいなどの特徴を有している。

② シングルモード光ファイバは、マルチモード光ファイバと比較して、光ファイバ相互の接続に高い寸法精度を必要とするが、光ファイバケーブル自体の取扱いが容易であることから、一般に、構内やオフイス内のLANなどで用いられている(※)(※赤い部分は、マルチモードファイバの説明)

③正しい

④ シングルモード光ファイバには、構造分散と材料分散を合わせたモード分散(正:波長分散)が存在する。このうち、材料分散は光ファイバの屈折率が波長により異なるために生ずる分散である。


【補足】
多(マルチ)モード型シングルモード(SM)型
SI(ステップインデックス)型GI(グレーテッドインデックス)型
コア径50~85μm~10μm
モード複数1つ
外径125μm
帯域幅狭い(100MHz・km程度)やや広い(1GHz・km程度)広い(10GHz・km程度)
光の分散大きい中程度小さい
光の損失大きい中程度小さい
コスト安い中程度高い



single_multi_fiber.jpg 
波長分散:光信号に使用される光は、単一の波長ではなく、厳密にはある程度の幅を持った波長である。この波長の幅によって引き起こされる分散を波長分散という。波長分散は、更に材料分散と構造分散に分けられる。
 -材料分散:均一な媒質中であっても光の波長によって屈折率が異なるために伝搬速度に差がでてしまう。光が進んで行くに従い、屈折率の違いにより徐々に広がってしまう現象を材料分散という。
 -構造分散:光ファイバのコア部とクラッド部の境界面で全反射するときに光がクラッド部分へしみ出す。構造分散は、このしみ出る割合が波長により異なるために生じる。


27_1_setubi_1_(3)i.png

(3)
(ⅰ)
答え:②
【解説】
① 10ギガビットイーサネットの物理層は、大別するとLAN PHYとWANPHYに分けられ、10GBASE-XファミリーはLAN PHYのグループに、10GBASE-Rファミリー及び10GBASE-WファミリーはWANPHY(正:10GBASE-Xファミリー及び10GBASE-RファミリーはLAN PHYのグループに、10GBASE-WファミリーはWANPHY)のグループに分類することができる。

②正しい

10GBASE-R(正:10GBASE-W)ファミリーでは、SDH/SONETを用いた伝送システムとの接続性が考慮されている。そのため、実効ビットレートは、10GBASE-W(正:10GBASE-R)ファミリーの各方式と比較して数% 低くなっている。

④ 10ギガビットイーサネットでは、使用する光インタフェースの仕様(PMDタイプ)が3 種類規定されている。このうち、1 0 G B A S E - E といわれる光インタフェースは、1.3μm(正:1.5μm)帯の波長を使用するシングルモード光ファイバ専用となっている。


【補足】
・10G-Ethernetの概要
規格伝送速度伝送媒体 距離符号化
LAN PHY10G BASE-SR10.3124Gbps MMF(850nm)300m64B66B
10G BASE-LRSMF(1310nm)10km 
10G BASE-ER SMF(1550nm) 40km

LAN PHY 
10G BASE-LX43.125Gbps ×4MMF(1310nm) 300m8B10B
8B1Q4
SMF(1310nm)10km
WAN PHY10G BASE-SW 9.95328GbpsMMF(850nm)300m64B66B
10G BASE-LWSMF(1310nm)10km 
10G BASE-EWSMF(1550nm)40km 





27_1_setubi_1_(3)ii.png

【補足】


(ⅱ)
答え:⑤
【解説】
①②③④正しい

⑤ 64B/66B符号化方式では、データ及びヘッダ情報に対してスクランブルする(※)ことで、0又は1の連続を防いでいる。
(※データをスクランブルした後、ヘッダ情報を付加する。つまり、ヘッダ情報はスクランブルしない)

【補足】
スクランブリング:連続する同一符号の発生を防ぐ方法

8B/10B符号:送信データを8ビットごとに分割し、10ビットの符号に変換し冗長化する
8B/1Q4符号:8ビットごとの元データにエラー検出用の1ビットを付加する。その後、伝送時に4対のより対線にそれぞれ「+1.0V、+0.5V、0V、−0.5V、−1.0V」の5つの電圧の組み合わせを使う
64B/66B符号:64ビットのデータにスクラウンブルを施した後、同期のために元の64ビットデータの中身がすべてデータの場合は「01」、元の64ビットデータの中に制御情報を含む場合は「10」の2ビットのヘッダを付加して66ビットにする







※問2~5の全問題の解答及び解説は、100円でコンテンツ購入して頂くことでご覧になれます。
※単体コンテンツのため、一度のブロマガ購入で無期限で閲覧できるようになります。(月額支払は発生しません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  

設備・データ通信 過去問検索データベース

「設備」および、「データ通信」の過去問を問題文検索できます。
キーワード検索:

<AND/OR検索>

<検索範囲指定>

<設備>
<データ通信>
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   


過去問検索データベース

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

学習支援

-過去問PDFダウンロード
-法規の攻略法

平成28年 過去問解説

第2回

平成28年第2回-電気通信システム
平成28年第2回-設備
平成28年第2回-データ通信
平成28年第2回-法規

第1回

平成28年第1回-電気通信システム
平成28年第1回-設備
平成28年第1回-データ通信
平成28年第1回-法規

平成27年 過去問解説

第2回

平成27年第2回-電気通信システム
平成27年第2回-設備
平成27年第2回-データ通信
平成27年第2回-法規

第1回

平成27年第1回-電気通信システム
平成27年第1回-設備
平成27年第1回-データ通信
平成27年第1回-法規

平成26年 過去問解説

第2回

平成26年第2回-電気通信システム
平成26年第2回-設備
平成26年第2回-データ通信
平成26年第2回-法規

第1回

平成26年第1回-電気通信システム
平成26年第1回-設備
平成26年第1回-データ通信
平成26年第1回-法規

平成25年 過去問解説

第2回

平成25年第2回-電気通信システム
平成25年第2回-設備
平成25年第2回-データ通信
平成25年第2回-法規

第1回

平成25年第1回-電気通信システム
平成25年第1回-設備
平成25年第1回-データ通信
平成25年第1回-法規

平成24年 過去問解説

第2回

平成24年第2回-電気通信システム
平成24年第2回-設備
平成24年第2回-データ通信
平成24年第2回-法規

第1回

平成24年第1回-電気通信システム
平成24年第1回-設備
平成24年第1回-データ通信
平成24年第1回-法規

その他

-過去問-出題問題一覧
-解説間違い指摘用-掲示板

説明および注意

※無断転載を禁止します。

※【解説】について
・正誤を問う問題
誤った文章と、その誤り箇所、そして、正しい文言および文章を記載します。
 赤:誤っている箇所
 青:正しい文言
 緑:注釈

※「★」部分は、編集中箇所です。
※本サイトは、管理人がインターネットを使用して作成した解答です。内容の作成には、間違えがないよう細心の注意を心がけておりますが、内容の正確性は保証し兼ねます。ご了承ください。

管理人情報

下記、現在取得した資格です。
これらの資格勉強で得た知識を参考に解説を作成しております。

(CISCO認定資格)
・CCNA
・CCNP
(Linux認定資格)
・LPIC Lv1
・LPIC Lv2
(MPCP検定資格)
・モバイルシステム技術検定2級
・モバイルシステム技術検定1級
(IT系国家資格)
・基本情報処理技術者
・工事担任者(AI・DD総合種)
・電気通信主任技術者(伝送)
・第一級陸上無線技術士