27年 第1回 「電気通信システム」



27_1_system_01.png


問1
答え:② 1.25×10-5
【解説】

1[μF]を持つコンデンサを、コンデンサ1(電気容量及び、電荷をC1、Q1と表す)、3[μF]のコンデンサをコンデンサ2(電気容量及び、電荷をC2、Q2と表す)とする。

まず、コンデンサ1とコンデンサ2に蓄えらえた電荷を計算する。
Q=CVより、
Q1=1*1.0*10-6 = 1.0*10-6  [C]
Q2=3*3.0*10-6 = 9.0*10-6 [C]

これらのコンデンサを並列につなげた時、全体の電荷Qは、2つのコンデンサの和になるので、
Q=Q1 + Q2 = 1.0*10-6 + 9.0*10-6 = 10.0 * 10-6 [C]

一方で、並列につなげた時のコンデンサの合成電気容量Cは、2つのコンデンサの和になるので、
C=C1+C2 =1.0*10-6 +3.0*10-6 = 4.0*10-6  [F]

コンデンサに蓄えられるエネルギーは、下記の式で表される。

※両端の電圧が分からないので、Q=CVの式を代入して、QとCの式に変換する。
 …①
①を代入して、


これに、並列したコンデンサの合成電気容量Cと全体の電荷Qを代入すると、





27_1_system_02.png


問2
答え:① 18
【解説】

問題文の回路を見やすくすると、下記の図のように①~③と変換できる。

27_1_system_no_2_kairo.png   




・回路変換の説明
(問題の回路→①)等電位部分を考慮しつつ回路の形を変える
(①→②)①の回路において、外側の4つの抵抗の抵抗値が、15 : 30 =10 : 20であり、ブリッジ回路であることが分かる。ブリッジ回路の特性により、真ん中の50[Ω]の抵抗は無視できるため、②の回路に変換できる。
(②→③)直列された抵抗を合成し、単純な2つの抵抗を持った並列回路に変換する。

③の回路において、合成抵抗を求めると、下記のように答えを算出できる。




【補足】
・合成抵抗の計算
-直列の場合


-並列の場合 








27_1_system_03.png

問3
答え:⑤ PLL
【解説】
PLL (Phase Locked Loop:位相同期回路):入力された周期的な信号に対して、正確に同期した出力信号を出力する電子回路。カウンタを組み込むことで入力信号の整数倍の周波数で信号を出力することもできる。
位相比較器:入力された2つの信号位相差を電圧に変換し出力する回路
低域フィルタ(ローパスフィルタ):フィードバックで発生してしまう短周期のノイズを除去する
電圧制御発信器(VCO):入力された電圧によって出力周波数を制御する回路








※本科目のこの回分の全問題の解答及び解説は、100円でコンテンツ購入して頂くことでご覧になれます。
※単体コンテンツのため、一度のブロマガ購入で無期限で閲覧できるようになります。(月額支払は発生しません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  

設備・データ通信 過去問検索データベース

「設備」および、「データ通信」の過去問を問題文検索できます。
キーワード検索:

<AND/OR検索>

<検索範囲指定>

<設備>
<データ通信>
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   


過去問検索データベース

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

学習支援

-過去問PDFダウンロード
-法規の攻略法

平成28年 過去問解説

第2回

平成28年第2回-電気通信システム
平成28年第2回-設備
平成28年第2回-データ通信
平成28年第2回-法規

第1回

平成28年第1回-電気通信システム
平成28年第1回-設備
平成28年第1回-データ通信
平成28年第1回-法規

平成27年 過去問解説

第2回

平成27年第2回-電気通信システム
平成27年第2回-設備
平成27年第2回-データ通信
平成27年第2回-法規

第1回

平成27年第1回-電気通信システム
平成27年第1回-設備
平成27年第1回-データ通信
平成27年第1回-法規

平成26年 過去問解説

第2回

平成26年第2回-電気通信システム
平成26年第2回-設備
平成26年第2回-データ通信
平成26年第2回-法規

第1回

平成26年第1回-電気通信システム
平成26年第1回-設備
平成26年第1回-データ通信
平成26年第1回-法規

平成25年 過去問解説

第2回

平成25年第2回-電気通信システム
平成25年第2回-設備
平成25年第2回-データ通信
平成25年第2回-法規

第1回

平成25年第1回-電気通信システム
平成25年第1回-設備
平成25年第1回-データ通信
平成25年第1回-法規

平成24年 過去問解説

第2回

平成24年第2回-電気通信システム
平成24年第2回-設備
平成24年第2回-データ通信
平成24年第2回-法規

第1回

平成24年第1回-電気通信システム
平成24年第1回-設備
平成24年第1回-データ通信
平成24年第1回-法規

その他

-過去問-出題問題一覧
-解説間違い指摘用-掲示板

説明および注意

※無断転載を禁止します。

※【解説】について
・正誤を問う問題
誤った文章と、その誤り箇所、そして、正しい文言および文章を記載します。
 赤:誤っている箇所
 青:正しい文言
 緑:注釈

※「★」部分は、編集中箇所です。
※本サイトは、管理人がインターネットを使用して作成した解答です。内容の作成には、間違えがないよう細心の注意を心がけておりますが、内容の正確性は保証し兼ねます。ご了承ください。

管理人情報

下記、現在取得した資格です。
これらの資格勉強で得た知識を参考に解説を作成しております。

(CISCO認定資格)
・CCNA
・CCNP
(Linux認定資格)
・LPIC Lv1
・LPIC Lv2
(MPCP検定資格)
・モバイルシステム技術検定2級
・モバイルシステム技術検定1級
(IT系国家資格)
・基本情報処理技術者
・工事担任者(AI・DD総合種)
・電気通信主任技術者(伝送)
・第一級陸上無線技術士