24年 第1回 「データ通信」



24_1_data_1_(1).png

問1
(1)
ア:⑪ フラッシュ
イ:⑭ トランジスタ
ウ:⑤ ランダムアクセス
エ:⑥ FeRAM

補足
MRAM:磁性体を記憶素子に使用
FeRAM:強誘電体を利用したメモリ



24_1_data_1_(2).png


(2)
答え:②
解説
CISC(正:RISC)とは、縮小命令セットコンピュータのことで、RISC(正:CISC)と比較して命令数が少なく、構造が単純である。

補足

・対称型と非対称型のマルチプロセッサシステム
対称型:複数のCPUが1つのタスクを分散処理する
非対称型:それぞれのCPUにあらかじめ所定の役割が決められている

・CISCとRISC
CISC(Complex Instruction Set Computer):1つの命令が複雑で一連が長い
RISC(Reduce Instruction Set Computer):1つの命令が単純で短い

・バスの種類
データバス:データ本体のデジタル信号を伝送するためのバス(伝送路)
アドレスバス:データの所在を表すためのアドレス信号を伝送するためのバス
制御バス(コントロールバス):書き込み・読出しの指示や、そのタイミングを図るための信号を伝送するためのバス



24_1_data_1_(3).png


(3)
答え:④ A、Bが正しい
解説
C:インタプリタは、高水準言語で記述されている実行形式(正:ソースコードまたは中間表現)プログラムの命令を逐次実行するプログラムであり、作成途中のプログラムのデバッグを実行する場合などに用いられる。

補足
・プログラミングから実行までの流れ
conpile_r2.png
①人間がプログラミング言語で作成したソースプログラムを、コンパイラを使ってコンパイルすると、オブジェクトモジュール(オブジェクトプログラム)が作成される。
②複数のオブジェクトモジュールやライブラリ(汎用的に使われる関数群などが格納されたファイル)をリンカ(連携編集プログラム、リンケージエディタ)で関連付けられ、ロードモジュール(実行形式プログラム)が作成される。
③ロードモジュールは、ローダによって実行される。



24_1_data_1_(4).png


(4)
答え:④
解説
① FCIP、RIP(正:iFCP)及びiSCSIは、IPネットワークをデータ転送経路として利用するIP-SANの規格である。

② iSCSIでは、コマンド及びこれに伴うデータ転送をHTTP(正:TCP)セッション上で実施し、IPネットワーク経由で送受信する。

③ FC-SANはファイバチャネルを用いたデータブロック単位の入出力専用ネットワークであり、データ転送のためのプロトコルとしてNFS、CIFSなどが用いられている(正:を用いずに扱える)

補足
SAN(Storage Area Network):複数のコンピュータとHDなどのストレージ装置の間を結ぶネットワーク
IP-SAN:EthernetやTCP/IP、iSCSIなどを利用して構築されるSAN
FC-SAN:ファイバチャンネルを利用して、光ファイバやFCスイッチ、FCP(Fibre Channel Protocol)などを組み合わせて構築されるSAN
FCIP、iFCP:SANで流れるファイバチャンネルコマンドをカプセル化してIPネットワークで送受信する方式
iSCSI:SCSIコマンドをIPでカプセル化してIPネットワークで送受信する方式
NFS(Network File System):Unixで利用されるファイルシステム。ネットワークを介したストレージをローカルディスクのように扱える
CIFS(Common Internet File System):Windowsのファイル共有サービスで利用されている通信プロトコルSMBを拡張し、Windows以外のOSでも利用できるようにしたもの



24_1_data_1_(5).png


(5)
答え:③
解説
③ JavaプログラムからリレーショナルデータベースにアクセスするためのAPIとしてJavaアプレット(正:JDBC)がある。Javaアプレット(正:JDBC)の利用により、特定のリレーショナルデータベースに依存しないデータベースアクセスが可能となる。

補足
JDBC(Java Data Base Connectivity):JavaプログラムからリレーショナルデータベースにアクセスするAPI。
リレーショナルデータベース:データは2次元の表形式。場合に応じて、リレーション(結合)が可能






※問2~5の全問題の解答及び解説は、100円でコンテンツ購入して頂くことでご覧になれます。
※単体コンテンツのため、一度のブロマガ購入で無期限で閲覧できるようになります。(月額支払は発生しません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  

設備・データ通信 過去問検索データベース

・「設備」および、「データ通信」の過去問を問題文検索できます。
・複数キーワードによる検索をするときは、キーワードとスペースで区切ってください。
・全角/半角、大文字/小文字は区別しません。

キーワード検索:

<AND/OR検索>

<検索範囲指定>

<設備>
<データ通信>
 
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   


過去問検索データベース

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

学習支援

-過去問PDFダウンロード
-法規の攻略法
-解説間違い指摘用-掲示板

平成29年 過去問解説

第1回

平成29年第1回-電気通信システム
平成29年第1回-設備
平成29年第1回-データ通信
平成29年第1回-法規

平成28年 過去問解説

第2回

平成28年第2回-電気通信システム
平成28年第2回-設備
平成28年第2回-データ通信
平成28年第2回-法規

第1回

平成28年第1回-電気通信システム
平成28年第1回-設備
平成28年第1回-データ通信
平成28年第1回-法規

平成27年 過去問解説

第2回

平成27年第2回-電気通信システム
平成27年第2回-設備
平成27年第2回-データ通信
平成27年第2回-法規

第1回

平成27年第1回-電気通信システム
平成27年第1回-設備
平成27年第1回-データ通信
平成27年第1回-法規

平成26年 過去問解説

第2回

平成26年第2回-電気通信システム
平成26年第2回-設備
平成26年第2回-データ通信
平成26年第2回-法規

第1回

平成26年第1回-電気通信システム
平成26年第1回-設備
平成26年第1回-データ通信
平成26年第1回-法規

平成25年 過去問解説

第2回

平成25年第2回-電気通信システム
平成25年第2回-設備
平成25年第2回-データ通信
平成25年第2回-法規

第1回

平成25年第1回-電気通信システム
平成25年第1回-設備
平成25年第1回-データ通信
平成25年第1回-法規

平成24年 過去問解説

第2回

平成24年第2回-電気通信システム
平成24年第2回-設備
平成24年第2回-データ通信
平成24年第2回-法規

第1回

平成24年第1回-電気通信システム
平成24年第1回-設備
平成24年第1回-データ通信
平成24年第1回-法規

その他

-過去問-出題問題一覧

説明および注意

※無断転載を禁止します。

※【解説】について
・正誤を問う問題
誤った文章と、その誤り箇所、そして、正しい文言および文章を記載します。
 赤:誤っている箇所
 青:正しい文言
 緑:注釈

※「★」部分は、編集中箇所です。
※本サイトは、管理人がインターネットを使用して作成した解答です。内容の作成には、間違えがないよう細心の注意を心がけておりますが、内容の正確性は保証し兼ねます。ご了承ください。