25年 第2回 「電気通信システム」



25_2_system_01.png

問1
答え:⑤ 6
解説
 

電磁力F[N]、電流I[A]、導体の長さl[m]、電束密度B[Wb/m2]とすると、下記の式が成り立つ。
\( F=IlBsin\theta \)


問題文の値を代入して、Bを求めると、下記のようになる。
\( B=\frac {F}{ Ilsin\theta } \\\\\\~~~~~~=\frac { 6}{ 10*0.20*sin30^{ \circ } } \\\\\\~~~~~~=\frac { 6 }{ 10*0.20*\frac { 1 }{ 2 }} \\\\\\~~~~~~=6 \)

補足
下図は、斜めに設置された棒が磁界から受ける力のイメージ:棒の垂直方向成分(sinθ)を抽出して、その垂直方向成分が受ける磁界に対して受ける力を計算する
system_ziryoku.png




25_2_system_02.png

問2
答え:
解説
A-B間を流れる電流をI[A]、電圧をV[V]と仮定する。
Rは、全て同じ抵抗値のため、それぞれの抵抗に流れる電流は、下図のように分流する。
system_rippoutai.png

このうち、1つの経路(例えば、a-b-cの経路)に着目して、オームの公式を使うと、全体の電圧Vは、下記のように表せる。
\( V=\frac { I }{ 3 } R+\frac { I }{ 6 } R+\frac { I }{ 3 } R=\frac { 5 }{ 6 } IR\cdots(1) \)

A-B間においてオームの公式を使うと下記のように合成抵抗Rsumを求めることができる。

\( R_{ sum }=\frac { V }{ I } =\frac { \frac { 5 }{ 6 } IR }{ I } =\frac { 5 }{ 6 } R \)




25_2_system_03.png

問3
答え:①
解説
問題文のような回路を「スライサ」という。
また、片側の極性のピーク部分を切り取る回路を「ピーククリッパ」と呼ぶ。
「スライサ」は片側の極性に適用される「ピーククリッパ」の回路を合成させて作られる。
 system_down_peek_kairo.png system_down_peek.png
+
 system_up_peek_kairo.png system_up_peek.png
\( \parallel \)
slicer.pngsricer_wave.png








※本科目のこの回分の全問題の解答及び解説は、100円でコンテンツ購入して頂くことでご覧になれます。
※単体コンテンツのため、一度のブロマガ購入で無期限で閲覧できるようになります。(月額支払は発生しません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  

過去問演習問題

・現在、プログラムの実装上、演習問題画面の読み出しが遅くなる場合がございます。また、読み出し時にWebページ内がフリーズしたような状態になっています。改良中ですが、ベータ版として、割り切って使って頂ければと存じます。
・改良は、5月中旬ごろを予定しております。

・問2~5の解説は、ブロマガ購入ユーザのみに公開しています。(電気通信システムは、問4~20)

<電気通信システムの過去問演習>

<設備の過去問演習>

<データ通信の過去問演習>

<法規の過去問演習>

過去問検索データベース

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

学習支援

-過去問PDFダウンロード
-法規の攻略法
-解説間違い/システム不具合-掲示板

平成29年 過去問解説

第2回

平成29年第2回-電気通信システム
平成29年第2回-設備
平成29年第2回-データ通信
平成29年第2回-法規

第1回

平成29年第1回-電気通信システム
平成29年第1回-設備
平成29年第1回-データ通信
平成29年第1回-法規

平成28年 過去問解説

第2回

平成28年第2回-電気通信システム
平成28年第2回-設備
平成28年第2回-データ通信
平成28年第2回-法規

第1回

平成28年第1回-電気通信システム
平成28年第1回-設備
平成28年第1回-データ通信
平成28年第1回-法規

平成27年 過去問解説

第2回

平成27年第2回-電気通信システム
平成27年第2回-設備
平成27年第2回-データ通信
平成27年第2回-法規

第1回

平成27年第1回-電気通信システム
平成27年第1回-設備
平成27年第1回-データ通信
平成27年第1回-法規

平成26年 過去問解説

第2回

平成26年第2回-電気通信システム
平成26年第2回-設備
平成26年第2回-データ通信
平成26年第2回-法規

第1回

平成26年第1回-電気通信システム
平成26年第1回-設備
平成26年第1回-データ通信
平成26年第1回-法規

平成25年 過去問解説

第2回

平成25年第2回-電気通信システム
平成25年第2回-設備
平成25年第2回-データ通信
平成25年第2回-法規

第1回

平成25年第1回-電気通信システム
平成25年第1回-設備
平成25年第1回-データ通信
平成25年第1回-法規

平成24年 過去問解説

第2回

平成24年第2回-電気通信システム
平成24年第2回-設備
平成24年第2回-データ通信
平成24年第2回-法規

第1回

平成24年第1回-電気通信システム
平成24年第1回-設備
平成24年第1回-データ通信
平成24年第1回-法規

説明および注意

※無断転載を禁止します。

※【解説】について
・正誤を問う問題
誤った文章と、その誤り箇所、そして、正しい文言および文章を記載します。
 赤:誤っている箇所
 青:正しい文言
 緑:注釈

※「★」部分は、編集中箇所です。
※本サイトは、管理人がインターネットを使用して作成した解答です。内容の作成には、間違えがないよう細心の注意を心がけておりますが、内容の正確性は保証し兼ねます。ご了承ください。