27年 第2回 「データ通信」



27_2_data_1_(1).png
問1
(1)
ア: ⑩ EEPROM
イ: ⑥ NAND
ウ: ⑭ ビット線
エ: ⑪ SSD

【補足】

・RAMの特徴
RAMの種類DRAMSRAM
NAND型NOR型
集積率高い低い
アクセス速度遅い早い


SSD(Solid State Drive):PCのストレージ機器。従来のHDD(ハードディスクドライブ)は、磁器ディスクを使っていたが、SSDでは、フラッシュメモリを使う。HDDに比べ、データの読み書きが高速。またディスクの回転やヘッダなどの駆動機構を持たないため、消費電力が少なく、対衝撃性があり、駆動音も少ない。形状も小型化・軽量化ができる。


・その他のメモリについて
FeRAM:強誘電体を使用したメモリ。DRAMとSRAMのハイブリッド型
マスクROM:製品の製造時に書き込まれ、書き換えはできない。
PROM:製造後1回だけ電気的に書き込むことが可能
EPROM:消去可能(ただし、一括消去)。書き込みは電気、消去は紫外線を使用。
EEPROM:電気的に書き込み・消去が可能。消去も部分的に行える。

【類題】

問題番号:24年第1回 (設備)   問1(1) タイトル:半導体メモリ




27_2_data_1_(2).png

(2)
答え: ⑥ B、Cが正しい
【解説】
A:マルチコアプロセッサは、メモリコントローラや外部インタフェースを含む全ての構成要素をコアごとに持つことで性能向上を図っている。(※メモリコントローラや外部インタフェースは、コアごとには持たず、パッケージに1つ)

B、C:正しい

【補足】
キャッシュメモリ:CPU内部に存在する記憶装置。メインメモリよりも高速に動作する。CPUのアクセスの頻度が高いデータは、メインメモリではなく、キャッシュメモリに保存し処理を行うことで計算速度を高速化できる。

・マルチコアプロセッサの概念図(Quad Coreの場合)
multi_core.png
(図の説明)
1次キャッシュ:キャッシュの中で一番高速に動作し、容量も小さい。CPUは、処理が始まるとまず1次キャッシュに目的のデータがないか確認し、なかった場合に2次、3次キャッシュへと読出しを切り替える。
2次・3次キャッシュ:次数の順に、動作速度が速くなり、容量も大きくなる。Quad Core構成のCPUでは、3次キャッシュは、4つのコアで共通で使われる。
メモリコントローラ:CPUがメインメモリのデータにアクセスする際にメインメモリを制御する装置。昔は、CPUの外部にあるチップセットにメインコントローラを持つものが主流だったが、最近のマルチプロセッサでは、CPU内部にメモリコントローラを持つものも多い




27_2_data_1_(3).png

(3)
答え: ①
【解説】
①正しい

② キャッシュメモリは、一般に、複数の階層を持っており、1 次キャッシュは、2次キャッシュと比較して、低速(正:高速)大容量(正:小容量)である。

③ CPUで処理した結果をメモリに書き込む際の処理方式には、ライトスルー方式とライトバック方式があり、CPUの書き込み処理が、キャッシュメモリとメインメモリの両方に同時に行われる方式はライトバック方式(正:ライトスルー方式)である。

④ キャッシュメモリに使用されているSRAMは、NAND回路(正:NOR回路)のみでメモリを実現しており、定期的なリフレッシュが必要(正:不要)であるが、DRAMと比較して、高速で動作する。

【補足】
キャッシュメモリ:CPU内部に存在する記憶装置。メインメモリよりも高速に動作する。CPUのアクセスの頻度が高いデータは、メインメモリではなく、キャッシュメモリに保存し処理を行うことで計算速度を高速化できる。

ライトバック方式:CPUがメモリにデータを書き込む際、キャッシュにデータを書き込み、処理の空き時間が出来てから、キャッシュからメモリにデータを書き込む方式。処理の高速化が図れるが、キャッシュとメモリの内容の整合が常にとれるわけではないので、制御が多少困難である。

ライトスルー方式:CPUがメモリにデータを書き込む際、キャッシュとメモリに同時にデータを書き込む方式。キャッシュとメモリのデータ内容が常に整合が取れているため制御は容易だが、記憶動作において、キャッシュがメモリよりも高速であるという特徴を活かせないため、キャッシュによる処理の高速化の恩恵が受けられない

ヒット率:目的のデータがキャッシュ領域に存在する確率。この値が高いほど、データの読み出し動作が速くなる。

・RAMの特徴
RAMの種類DRAMSRAM
NAND型NOR型
集積率高い低い
アクセス速度遅い早い
リフレッシュ必要不要

リフレッシュ:DRAMの記録素子から自然放電で記録内容が失われるのを防ぐために定期的に電荷を注入する動作

【類題】
問題番号:24年第2回(データ通信) 問1(2)  タイトル:DRAM及びSRAM



27_2_data_1_(4).png

(4)
答え: ④
【解説】
①②③正しい

④ 多重継承は、複数の上位クラスの属性を引き継ぐ概念であるが、クラス間の関係が複雑になることから、C++(※)及びJavaでは利用できない。(※C++は、多重継承が可能)


【類題】

問題番号:26年第1回(データ通信) 問2(1) タイトル:オブジェクト指向





27_2_data_1_(5).png

(5)
答え: ①
【解説】
① XML文書においては、大文字と小文字は同じ文字(正:別々の文字)として扱われる。例えば、<NAME>と<name>は、同じタグとして認識される。

②③④正しい

【補足】
XSL(Extensible Stylesheet Language):XML専用のスタイルシート

【類題】

問題番号:27年第1回(データ通信) 問2(1) タイトル:XML

問題番号:26年第1回(データ通信)  問1(5) タイトル:XML文書

問題番号:24年第1回(データ通信) 問2(1) タイトル:XML








※問2~5の全問題の解答及び解説は、100円でコンテンツ購入して頂くことでご覧になれます。
※単体コンテンツのため、一度のブロマガ購入で無期限で閲覧できるようになります。(月額支払は発生しません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  

設備・データ通信 過去問検索データベース

・「設備」および、「データ通信」の過去問を問題文検索できます。
・複数キーワードによる検索をするときは、キーワードとスペースで区切ってください。
・全角/半角、大文字/小文字は区別しません。

キーワード検索:

<AND/OR検索>

<検索範囲指定>

<設備>
<データ通信>
 
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   


過去問検索データベース

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

学習支援

-過去問PDFダウンロード
-法規の攻略法
-解説間違い指摘用-掲示板

平成29年 過去問解説

第1回

平成29年第1回-電気通信システム
平成29年第1回-設備
平成29年第1回-データ通信
平成29年第1回-法規

平成28年 過去問解説

第2回

平成28年第2回-電気通信システム
平成28年第2回-設備
平成28年第2回-データ通信
平成28年第2回-法規

第1回

平成28年第1回-電気通信システム
平成28年第1回-設備
平成28年第1回-データ通信
平成28年第1回-法規

平成27年 過去問解説

第2回

平成27年第2回-電気通信システム
平成27年第2回-設備
平成27年第2回-データ通信
平成27年第2回-法規

第1回

平成27年第1回-電気通信システム
平成27年第1回-設備
平成27年第1回-データ通信
平成27年第1回-法規

平成26年 過去問解説

第2回

平成26年第2回-電気通信システム
平成26年第2回-設備
平成26年第2回-データ通信
平成26年第2回-法規

第1回

平成26年第1回-電気通信システム
平成26年第1回-設備
平成26年第1回-データ通信
平成26年第1回-法規

平成25年 過去問解説

第2回

平成25年第2回-電気通信システム
平成25年第2回-設備
平成25年第2回-データ通信
平成25年第2回-法規

第1回

平成25年第1回-電気通信システム
平成25年第1回-設備
平成25年第1回-データ通信
平成25年第1回-法規

平成24年 過去問解説

第2回

平成24年第2回-電気通信システム
平成24年第2回-設備
平成24年第2回-データ通信
平成24年第2回-法規

第1回

平成24年第1回-電気通信システム
平成24年第1回-設備
平成24年第1回-データ通信
平成24年第1回-法規

その他

-過去問-出題問題一覧

説明および注意

※無断転載を禁止します。

※【解説】について
・正誤を問う問題
誤った文章と、その誤り箇所、そして、正しい文言および文章を記載します。
 赤:誤っている箇所
 青:正しい文言
 緑:注釈

※「★」部分は、編集中箇所です。
※本サイトは、管理人がインターネットを使用して作成した解答です。内容の作成には、間違えがないよう細心の注意を心がけておりますが、内容の正確性は保証し兼ねます。ご了承ください。

管理人情報

下記、現在取得した資格です。
これらの資格勉強で得た知識を参考に解説を作成しております。

(CISCO認定資格)
・CCNA
・CCNP
(Linux認定資格)
・LPIC Lv1
・LPIC Lv2
(MPCP検定資格)
・モバイルシステム技術検定2級
・モバイルシステム技術検定1級
(IT系国家資格)
・基本情報処理技術者
・工事担任者(AI・DD総合種)
・電気通信主任技術者(伝送)
・第一級陸上無線技術士