24年 第1回 「設備」



24_1_setubi_1_(1).png
問1
(1)
ア:⑬ 階層
イ:⑪ リゾルバ
ウ:⑥ ネーム
エ:⑨ ゾーン

補足
ホスト名、ドメイン名、FQDN( Fully Qualified Domain Name)、URLの関係
FQDN.png

・リゾルバ:DNSクライアントの事。一般にクライアントPC上でアプリケーションとして動作する
・ゾーン情報:DNSサーバが持つレコード情報の集合体。IPアドレスとドメイン名の対応情報の他、さまざまなレコードが存在する。

・DNSの階層構造の概念
DNSは、ルートを頂点とした階層構造で構成されている。上位のネームサーバは、自分の下位に位置するネームサーバのゾーン情報を持っているため、ルートサーバから順番に問い合わせを行えば、目的のゾーン情報にたどり着くことができる。
DNS_kaisou.png
・DNSの問い合わせの流れ
「aaa.co.jp」に問い合わせを行った場合の例を以下に示す。リゾルバが社内のDNSサーバに「aaa.co.jp」のIPアドレスを問い合わせを行うと、社内のDNSサーバはルートサーバから順に「jp」、「co.jp」と問い合わせを行い、最終的に「co.jp」ネームサーバが持つ「aaa.co.jp」とIPアドレスのレコードを取得すると、そのレコードをリゾルバに返答する。
DNS_query.png





24_1_setubi_1_(2)i.png

(2)
(ⅰ)
答え:④
解説
①②③正しい

④同軸ケーブルと光ファイバケーブルを用いて双方向伝送する技術には、ハイブリッドシステム構成を採るHFCがある。CATVのHFCは、一般に、センタ側の幹線系に既設の同軸(正:光ファイバ)ケーブルが用いられ、ユーザ宅に近い分配系に光ファイバ (正:同軸)ケーブルが用いられている。

補足
1対のメタリックケーブルを使った通信
加入者宅内では、メタリックケーブルの1対(2線)で送信、1対(2線)で受信を行うため、2対(4線)が用意されている。しかし、加入者から交換機までの加入者回線では、メタリックケーブルは1対(2線)しか用意されていない。ISDNでは、その1対(2線)だけを使って、送信、受信の双方向通信を実現しなければいけない。そのための技術として、エコーキャンセラ方式と、TCM方式(ピンポン伝送)の2つが存在する。エコーキャンセラ方式は欧米のISDNで、TCM方式は日本のISDNで利用されてきた方式。


・エコーキャンセラ方式:双方向の通信(送信と受信)を合成させて1対のメタリックケーブルで伝送し、受信の際に、自分が送信した通信を検出し、破棄(キャンセリング)し、必要な受信した通信だけを取り出す方式。

・TCM方式(別名:ピンポン方式):1対のメタリックケーブル(2線)で双方向通信を実現するために、送信と受信を時間的に交互に繰り返す方式。2対のメタリックケーブル(4線)での送信パルスを2倍以上の速度にし、時間圧縮で空いた時間を反対側の受信パルスに使う。卓球の玉が交互にやり取りされる様子に似ているため、ピンポン方式とも呼ばれる。
ISDNの場合は、片方向160kbpsの伝送速度が必要なため、その2倍の320kbpsの通信帯域を用意し、通信を交互にやり取りすることで双方向通信を実現している。
TCM.png


・xDSL(Digital Subscriber line)方式の種類と概要
名称意味ケーブル伝送速度伝送距離
上り下り
ADSLAsymmetric DSL1対16kbps~1Mbps1.5Mbps~10Mbps 5.5km
SDSLSingle DSL1対150kbps~2Mbps(対称)7km
HDSLHigh data rate DSL 2対1.5Mbps~2Mbps(対称)7km
VDSLVery high data rate DSL 1対VDSL1:30Mbps
VDSL2:上り・下り合計で200Mbps
VDSL1:50Mbps
VDSL2:上り・下り合計で200Mbps
1.5km(※)

(※200Mbpsで通信できるのは伝送距離200m程度といわれ、伝送距離が増えるにつれ通信速度は下がる)


・PONの伝送方式
PONは、上りは、TDMA方式、下りは、TDM方式が使われる

TDM(Time Division Multiplexing:時分割多重):一つの伝送路を時間で区切って複数のタイムスロットを作り、異なる信号をそれぞれのタイムスロットに格納し多重伝送をする技術。
TDMA(Time Division Multiple Access:時分割多元接続):TDMを応用して、一つの伝送路を複数のユーザーで同時利用する方式

・HFC(Hybrid Fiber Coax):CATV網のネットワーク構成方法の1つ。基幹部分は、光ファイバを使用し、ユーザ宅の引き込みには同軸ケーブルを使用する

類題
問題番号:26年第1回(設備) 問1(1) 光アクセスシステム




24_1_setubi_1_(2)ii.png
(ⅱ)
答え:⑤

解説
①②③④正しい

⑤ GE-PONは、Ethernetフレームのデータ伝送を目的としたPON方式であり、G-PONと比較して、下り信号の最大伝送速度が約2倍に高速化されている(正:約1/2である)

補足

・PONの方式
本問題の解答は、下記の表から、判断できる。
方式名B-PONG-PONGE-PON
標準化G.983シリーズG.984シリーズIEEE 802.3ah
伝送速度上り155Mbit/s、622Mbit/s155Mbit/s、622Mbit/s、 1.24Gbit/s、2.48Gbit/s1.25Gbit/s
下り155Mbit/s、622Mbit/s、 1.24Gbit/s1.24Gbit/s、2.48Gbit/s1.25Gbit/s
分岐数最大32最大64最小16
伝送フレームATMフレームGEMフレーム、GTCフレームEthernetフレーム



24_1_setubi_1_(3)i.png(3)(ⅰ)
答え:⑤
解説

①②③④正しい

⑤ 発信号局と着信号局との間で信号メッセージが転送される経路は信号ルートといわれ、この経路には、一般に、SEP(正:STP)といわれる信号中継局及び信号リンクが含まれる。

補足
PSTN (Public Switched Telephone Network:公衆交換電話網):回線交換方式の音声通話サービスを提供する公衆回線網のこと

・PSTNにおける制御信号の伝送方式
PSTNで制御信号(呼制御や網管理に使用)を伝送する方式として、個別線信号方式共通線信号方式の2つが存在する。

 ・個別線信号方式:音声データと制御信号が同じ伝送路で転送される方式。PSTNでは、回線交換方式を採用しているため、個別線信号方式では、通話によるセッションが確立されてしまうと、制御信号を転送することができなくなってしまう。そのため、複雑なサービスの制御を行うことができない。

 ・共通線信号方式:音声データと制御信号が別々の伝送路で転送される方式。制御信号が音声データと独立した回線となっているため個別線信号方式で課題だった通話セッション確立中の制御信号の転送が可能になっている。これにより、様々なサービスの提供が可能になった。代用的なサービスに、発信者の電話番号をディスプレイに表示させるナンバーディスプレイなどがある。共通線信号方式のうち、No.7共通線信号方式(SS7:Common Channel Signaling System No.7)が現在の主流となっている。

・No.7共通線信号方式のネットワーク
ss7_network_2.png

(構成機器)
共通線信号の処理を行う局(交換機)のことを信号局(SP:Signal Point)といい、SPには、STPSEPの2種類が存在する。
 -信号局(SP:Signal Point):共通線信号の処理を行う局の総称。SPには、信号局コードが割り振られており、制御信号メッセージの送信時に転送や受信を行う局を選択するために使われる。
 -信号端局(SEP:Single End Point):共通線の信号を送受信する末端の局
 -信号中継局 (STP:Signal Transfer Point):共通線の信号を中継する局

(No.7共通線信号方式の面構成)
共通線信号網は、2面(A面、B面)の網構成をとっており、SEPからの信号リンクは、両面のSTPに二重帰属しており、片方の面が停止しても、他方の面を利用して制御信号を伝送することができる。

非回線対応信号機能:フリーダイヤル番号から加入者番号への翻訳など、回線の呼制御とは直接関係のない機能



24_1_setubi_1_(3)ii.png(ⅱ)
答え:④ A、Bが正しい

解説
A、B:正しい

C:メッセージ転送部は、レベル1の信号リンク機能部(正:信号データリンク部)、レベル2の信号データリンク部(正:信号データ機能部)及びレベル3の信号網機能部で構成され、信号接続制御部と合わせてOSI参照モデルのレイヤ4(正:レイヤ3)の機能を実現している。

補足
・共通線信号方式の機能(OSI参照モデルとの対応)
ss7_3.png


電話ユーザ部(TUP:Telephone User Part):基本的な呼制御を規定している(国内ではTUPは使われていない)
ISDNユーザ部(ISUP:Integrated Services Digital Network User Part):信号局がやり取りするメッセージを規定する
トランザクション機能部(TCまたは、TCAP:Transcation Capabilities Application Part):非回線対応信号機能(通話に直接関わらない付加機能)を提供する
信号接続制御部(SCCP:Signaling Conection Control Part):共通線信号でのルーティングを行う(MTPの信号データリンク部と合わせてOSI参照モデルのL3に該当)

メッセージ転送部(MTP:Message Transfer Part):経路管理に関する部分。下記の3つのレベルから構成されている。
 レベル3:信号網機能部:共通信号網でのルーティングを行う(SCCPと合わせてOSI参照モデルのL3に該当)
 レベル2:信号リンク機能部:信号の誤り制御などを規定(OSI参照モデルのL2に該当)
 レベル1:信号データリンク:信号の電気的条件や物理的条件を担う(OSI参照モデルのL1に該当)




※問2~5の全問題の解答及び解説は、100円でコンテンツ購入して頂くことでご覧になれます。 ※単体コンテンツのため、一度のブロマガ購入で無期限で閲覧できるようになります。(月額支払は発生しません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  

設備・データ通信 過去問演習


・過去問演習用のページです。不具合等ありましたら掲示板に報告頂けると幸いです。
・問2~5の解説は、ブロマガ購入ユーザのみに公開しています。


設備の過去問演習
年度/回ごとの過去問で演習することができます。

データ通信の過去問演習
年度/回ごとの過去問で演習することができます。

設備/データ通信 類題検索 過去問演習
キーワード検索で抽出した問題で演習することができます。
詳細検索条件

過去問演習Webアプリ

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

学習支援

-過去問PDFダウンロード
-法規の攻略法
-解説間違い/システム不具合-掲示板
-有料コンテンツ購入

過去問検索データベース

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

平30年 過去問解説

第1回

平成30年第1回-電気通信システム
平成30年第1回-設備
平成30年第1回-データ通信
平成30年第1回-法規

平成29年 過去問解説

第2回

平成29年第2回-電気通信システム
平成29年第2回-設備
平成29年第2回-データ通信
平成29年第2回-法規

第1回

平成29年第1回-電気通信システム
平成29年第1回-設備
平成29年第1回-データ通信
平成29年第1回-法規

平成28年 過去問解説

第2回

平成28年第2回-電気通信システム
平成28年第2回-設備
平成28年第2回-データ通信
平成28年第2回-法規

第1回

平成28年第1回-電気通信システム
平成28年第1回-設備
平成28年第1回-データ通信
平成28年第1回-法規

平成27年 過去問解説

第2回

平成27年第2回-電気通信システム
平成27年第2回-設備
平成27年第2回-データ通信
平成27年第2回-法規

第1回

平成27年第1回-電気通信システム
平成27年第1回-設備
平成27年第1回-データ通信
平成27年第1回-法規

平成26年 過去問解説

第2回

平成26年第2回-電気通信システム
平成26年第2回-設備
平成26年第2回-データ通信
平成26年第2回-法規

第1回

平成26年第1回-電気通信システム
平成26年第1回-設備
平成26年第1回-データ通信
平成26年第1回-法規

平成25年 過去問解説

第2回

平成25年第2回-電気通信システム
平成25年第2回-設備
平成25年第2回-データ通信
平成25年第2回-法規

第1回

平成25年第1回-電気通信システム
平成25年第1回-設備
平成25年第1回-データ通信
平成25年第1回-法規

平成24年 過去問解説

第2回

平成24年第2回-電気通信システム
平成24年第2回-設備
平成24年第2回-データ通信
平成24年第2回-法規

第1回

平成24年第1回-電気通信システム
平成24年第1回-設備
平成24年第1回-データ通信
平成24年第1回-法規

説明および注意

※無断転載を禁止します。

※【解説】について
・正誤を問う問題
誤った文章と、その誤り箇所、そして、正しい文言および文章を記載します。
 赤:誤っている箇所
 青:正しい文言
 緑:注釈

※「★」部分は、編集中箇所です。
※本サイトは、管理人がインターネットを使用して作成した解答です。内容の作成には、間違えがないよう細心の注意を心がけておりますが、内容の正確性は保証し兼ねます。ご了承ください。