25年 第1回  「設備」



25_1_setubi_1_(1).png

問1
(1)
ア:⑬ CDN
イ:⑤ VOD
ウ:⑧ マルチキャスト
エ:⑩ RTP

補足
CDN(Contents Delivery Network):コンテンツ配信に特化したネットワーク。主にコンテンツサーバのアクセスを負荷分散し、ユーザに遅延の少ないコンテンツ提供することを目的としている。CDNでは、地理的な概念も考慮し、各地域に配置されたキャッシュサーバのうち、ユーザの近くにあるキャッシュサーバを選んでコンテンツを提供する。これにより、無駄なトラフィックを削減し効率的なコンテンツ配信を実現できる。
cdn.png

VOD(Video OnDemand):放送局から一方向的に配信されるコンテンツと違い、ユーザの要求に応じてコンテンツが配信される放送方式

マルチキャスト通信:グループ分けされた特定のユーザに対して同時通信を行う通信。

RTP(Real-time Transport Protocol):音声が動画などのデータストリームをリアルタイムに配送するためのプロトコル
RTSP(Real Time Streaming Protocol):サーバ・クライアント間のストリーミング制御に関するインタフェイスを規定しているプロトコル。このプロトコルにより、再生、停止、早送り、巻き戻しが可能になる。



25_1_setubi_1_(2)i.png


(2)
(ⅰ)
答え:④
解説
④ 1標本当たりの符号化ディジット数を1[bit]増加することにより、信号対量子化雑音比は、3(正:6.02) [dB]改善される。

補足
PCM(Pulse Code Modulation)符号化:アナログ信号を「標本化⇒量子化⇒符号化」という手順でデジタル化する方法
・標本化(サンプリング):一定の間隔(サンプリング周期)でその時の値(標本値)を採取する
・量子化:アナログ値である標本値は無限個存在するが、それを有限個の値に区切る。量子化の過程で、ある範囲内にある標本値は、同一値になる。量子化によって情報が失われてしまう事を量子化雑音という。
・符号化:量子化によって区切られた値を、1と0のパルス値に変換する。

PCM.png

・②の計算
標本化周波数は、8kHz(1秒間に8000回のサンプリングが行われる)であり、それぞれの標本値を8bitに符号化しているので8kHz×8=64[kbit/s]となる。



25_1_setubi_1_(2)ii.png


(ⅱ)
答え:③
解説
① 適応予測と適応量子化を使用する差分PCM方式は、CELP方式(正:ADPCM方式)といわれ、64[kbit/s]で伝送する帯域を2回線として使用することができる。

② 送信側で音声を分析し、有声/無声判定、ピッチなどの情報を伝送し、受信側でそれらの情報を用いて音声を合成する分析合成系の音声符号化方式は、一般に、ADPCM方式(正:分析合成符号化「ボコーダー」)といわれる。

④ MPEG-1は、1.5[Mbit/s]以下のビットレートで、CD-ROMなどの蓄積メディアに音声及び静止画像(正:動画)を保存するための符号化方式である。



補足
ADPCM(adaptive differential pulse code modulation:適応差分PCM):過去のサンプル値を利用して、現在のサンプル値を予測し、その差分情報を伝送する
CELP(Code-Excited Linear Prediction):音声波形ではなく、コードブックに登録された波形パターンの番号を伝送する

予測符号化:隣接した画素や前後のフレームなど近い値だと予測されるデータなどを、差分値で表して圧縮する方法
変換符号化:周波数領域など他の座標軸にデータを変換してから行う圧縮h
フレーム内符号化:同一フレーム内の画像信号の空間的相関を利用する符号化(隣り合うピクセルの値を差分値で表すなど)
フレーム間符号化:時間的に隣り合うフレームの情報の差分などを利用する技術




25_1_setubi_1_(3)i.png


(3)
(ⅰ)
答え:④
解説
④ NGNではサービスとトランスポートの分離を基本としていることから、音声電話はNGNトランスポートストラタムで提供され、Webベースの電子メール及び映像サービスはNGNサービスストラタムで提供されるなどのサービス別に分離がされている。(※音声電話は、サービスストラタムで提供される)

補足
・NGNアーキテクチャの概念図
 NGNは、ネットワークの機能を表す2つのストラタム(階層)と他のネットワークや端末との接続点となる3つのインタフェースにより構成されている。

NGN_3.png

・3つの接続点(インタフェース)
UNI(User Network Interface):ユーザ端末との接続点
NNI(Network Node Interface):他NGN事業者との接続点
ANI(Application Network Interface):アプリケーションとの接続点

・2つのストラタム
 ストラタムには、トランスポートストラタム(IPパケットの転送とQoS制御やセキュリティなどの追加機能を提供)とサービスストラタム(通話端末間の呼制御やストリーミング配信など複数サービスに共通する機能群を提供)の2つがある。

・トランスポートストラタムの機能
  ・トランスポート機能:パケットの転送に関する機能を提供する
  ・ネットワークアタッチメント制御機能(NACF):認証やIPアドレスの払い出しなど、端末がネットワークに接続する際の処理に関する機能を提供する
  ・リソース/受付制御機能(RACF):QoSによる優先制御やセッション設定制御に関する機能を提供する

・サービスストラタムの機能
  ・サービス制御機能:トランスポートストラタムから提供される回線の混み具合等の情報を考慮して発着信の管理を行う機能を提供する。実装においては、IMS(IP Multimedia Subsystem、IPマルチメディア・サブシステム)と呼ばれるSIPサーバ群で構成されたシステムによって機能を提供している。

  ・アプリケーションサポート機能/サービスサポート機能:エンドユーザに対してプレゼンス機能(通信相手の「離席中」、「取込中」などの情報の提供)などのサービスの提供している。



25_1_setubi_1_(3)ii.png

(ⅱ)
答え:③
解説
① NGNアーキテクチャにおけるインタフェースは、ANI、UNI、NNI及びHMI(正:3)つが規定されている。 (※HMIは含まない)

② ANIは、上位のアプリケーションがNGNに依存して開発され、また開発された(正:依存しないように開発された)アプリケーションを用いたサービスが従属性をもって提供できるような仲介機能を提供するインタフェースである。

④ NNIは、同じ(正:異なる)タイプのネットワークを相互に接続するためのインタフェースであることから、ISDNのような異なるタイプのネットワークはNGNに接続されない(正:接続できる)

⑤ ANIは、アプリケーションとNGNトランスポートストラタム(正:サービスストラタム)との間で、情報交換を直接行うためのインタフェースである。

補足
・NGNアーキテクチャの概念図
 NGNは、ネットワークの機能を表す2つのストラタム(階層)と他のネットワークや端末との接続点となる3つのインタフェースにより構成されている。
NGN_2.png

・3つの接続点(インタフェース)
UNI(User Network Interface):ユーザ端末との接続点
NNI(Network Node Interface):他NGN事業者との接続点
ANI(Application Network Interface):アプリケーションとの接続点






※問2~5の全問題の解答及び解説は、100円でコンテンツ購入して頂くことでご覧になれます。
※単体コンテンツのため、一度のブロマガ購入で無期限で閲覧できるようになります。(月額支払は発生しません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  

設備・データ通信 過去問演習


・過去問演習用のページです。不具合等ありましたら掲示板に報告頂けると幸いです。
・問2~5の解説は、ブロマガ購入ユーザのみに公開しています。


設備の過去問演習
年度/回ごとの過去問で演習することができます。

データ通信の過去問演習
年度/回ごとの過去問で演習することができます。

設備/データ通信 類題検索 過去問演習
キーワード検索で抽出した問題で演習することができます。
詳細検索条件

過去問演習Webアプリ

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

学習支援

-過去問PDFダウンロード
-法規の攻略法
-解説間違い/システム不具合-掲示板
-有料コンテンツ購入

過去問検索データベース

-電気通信システム
-設備・データ通信
-法規

平30年 過去問解説

第1回

平成30年第1回-電気通信システム
平成30年第1回-設備
平成30年第1回-データ通信
平成30年第1回-法規

平成29年 過去問解説

第2回

平成29年第2回-電気通信システム
平成29年第2回-設備
平成29年第2回-データ通信
平成29年第2回-法規

第1回

平成29年第1回-電気通信システム
平成29年第1回-設備
平成29年第1回-データ通信
平成29年第1回-法規

平成28年 過去問解説

第2回

平成28年第2回-電気通信システム
平成28年第2回-設備
平成28年第2回-データ通信
平成28年第2回-法規

第1回

平成28年第1回-電気通信システム
平成28年第1回-設備
平成28年第1回-データ通信
平成28年第1回-法規

平成27年 過去問解説

第2回

平成27年第2回-電気通信システム
平成27年第2回-設備
平成27年第2回-データ通信
平成27年第2回-法規

第1回

平成27年第1回-電気通信システム
平成27年第1回-設備
平成27年第1回-データ通信
平成27年第1回-法規

平成26年 過去問解説

第2回

平成26年第2回-電気通信システム
平成26年第2回-設備
平成26年第2回-データ通信
平成26年第2回-法規

第1回

平成26年第1回-電気通信システム
平成26年第1回-設備
平成26年第1回-データ通信
平成26年第1回-法規

平成25年 過去問解説

第2回

平成25年第2回-電気通信システム
平成25年第2回-設備
平成25年第2回-データ通信
平成25年第2回-法規

第1回

平成25年第1回-電気通信システム
平成25年第1回-設備
平成25年第1回-データ通信
平成25年第1回-法規

平成24年 過去問解説

第2回

平成24年第2回-電気通信システム
平成24年第2回-設備
平成24年第2回-データ通信
平成24年第2回-法規

第1回

平成24年第1回-電気通信システム
平成24年第1回-設備
平成24年第1回-データ通信
平成24年第1回-法規

説明および注意

※無断転載を禁止します。

※【解説】について
・正誤を問う問題
誤った文章と、その誤り箇所、そして、正しい文言および文章を記載します。
 赤:誤っている箇所
 青:正しい文言
 緑:注釈

※「★」部分は、編集中箇所です。
※本サイトは、管理人がインターネットを使用して作成した解答です。内容の作成には、間違えがないよう細心の注意を心がけておりますが、内容の正確性は保証し兼ねます。ご了承ください。